Instagram

Instagramは全世界で10億人以上が利用する主要なSNSです。日本国内だけでも3300万人ものユーザーが存在します。人気のInstagramですが、ビジネス利用でも注目を集めています。

Instagramをビジネスに活かすためには、企業アカウント(ビジネスアカウント)が必要です。そんなビジネスアカウントを作るメリットと注意点について解説していきます。

Instagramはビジネスアカウントを作成できる

ビジネスアカウントとは、Instagramをビジネス目的で使用することに適したアカウントです。

Instagramはユーザー同士が画像や動画などを投稿して交流するSNSですが、最近ではビジネスの集客目的で利用する動きも活発になってきました。

ビジネスアカウントを作ることでInstagramマーケティングを行う際に便利な機能を利用することができます。集客目的でInstagramを利用する人にはビジネスアカウントが必須といえるでしょう。

ビジネスアカウントは無料で簡単に登録でき、ビジネスアカウントから通常アカウントへの切り替えもボタン一つで行うことができます。

ビジネスアカウントでできること

ビジネスアカウントを作成することで、Instagramマーケティングに便利な機能を使用することができます。

ビジネスアカウントのみで使用できる機能は「ビジネスプロフィールの作成」「インサイト」「Instagram広告」の3つです。それぞれの機能を次項から説明していきます。

ビジネスプロフィールが作成できる

Instagramでは、ビジネスアカウントを利用することでビジネス用のプロフィールを作成することができます。ビジネスプロフィールには「住所」「電話番号」「メールアドレス」を表示することができます。

ビジネスアカウント機能ができる以前は、企業とユーザーが連絡を取り合う手段はコメント欄にメッセージを書き込むしかなく、機会の損失が発生していました。

住所や電話番号を記載することで連絡が取りやすくなり、信用も高まります。特に店舗ビジネスを展開している経営者にとっては必須項目といえます。

Instagramのインサイトが使える

インサイトとはInstagramが無料で提供している公式の分析ツールです。インサイトを利用することで自身のビジネスアカウントのフォロワーの年齢や男女比、性別などのデータを確認することができます。

インサイトではかなり細かい項目を見ることができます。いくつか例を出すと「プロフィールへアクセスしたユーザーの数」や「投稿に対するいいね!の数」などが挙げられます。

インサイトには2種類の確認方法があります。アカウント全体のインサイトと、各投稿のインサイトです。アカウント全体のインサイトを確認したい場合はメニューの「インサイト」をタップ、各投稿のインサイトを確認したい場合は各投稿にある「インサイトを見る」で確認することができます。

Instagram広告が使用できる

Instagramでは、投稿内容を有料の広告として利用することができます。

Instagramのタイムラインを見ているとフォローしていないアカウントの投稿が表示されることがあります。これがInstagram広告です。タイトルのすぐ下に広告と表示されているのですぐわかります。

Instagramをビジネスで利用するなら広告を打つことも有効なマーケティング手段です。Instagramで利用できる広告は5種類あり、用途や目的によって使い分けることができます。

比較的少額からでも出稿できることや、ターゲティングが細かく行えることなど、いろいろなメリットがあります。

ビジネスアカウントでできないこと

Instagramを集客に利用するならビジネスアカウントは必須です。ですが、ビジネスアカウントに切り替えることで制限されてしまう項目がいくつか存在します。

切り替えた後に慌てないように、ビジネスアカウントで生じるデメリットを事前に確認しておきましょう。

非公開アカウントの使用ができなくなる

ビジネスアカウントの場合、非公開アカウントを使用できません。

非公開アカウントとは、アカウント設定で非公開設定をオンにすることで自身が認証した人だけがフォロワーになることができ、フォロワーにしか情報が公開されなくなるシステムです。

ビジネスアカウントに切り替える前に非公開アカウントの設定を解除しましょう。

紐づけたFacebookアカウント以外使用できない

ビジネスアカウントへの切り替えにはFacebookアカウントとの紐づけが必要になります。FacebookアカウントなしでもInstagramビジネスアカウントへの切り替えは可能ですが、切り替えるタイミングで、新しいFacebookページが生成されます。

そして紐づいているFacebookアカウント以外への投稿のシェアといったデータの共有ができません。

紐づいているFacebookアカウント以外にデータを共有するためには、Facebookアカウントの切り替えが必要です。切り替えは「プロフィールを編集」→「ビジネス情報」→「ページ」と選択していき、リンクしたいページの中から選択できます。

PC版ではインサイトを閲覧できない

Instagramでインサイトの情報を閲覧できるのはスマートフォンアプリからのみです。インサイトデータの外部出力(CSVダウンロードなど)にも対応していません。

InstagramのインサイトをPCで観覧することや、レポートを作成できる外部ツールは存在しますが、現状は公式な機能ではありません。

個人用アカウントに戻すとインサイトの情報が消える

ビジネスアカウントから個人用アカウントに戻すことはボタン一つで簡単にできます。しかし気を付けなければいけないことがあります。

アカウントを切り替えるとインサイトの情報が全て消えてしまいます。切り替える度にリセットされる仕組みになっています。

ビジネスアカウントで見られるインサイトは、ビジネスアカウントに設定している間に蓄積された情報しか見ることができません。

一度リセットされた情報は二度と見ることができないので、個人用アカウントに戻す際は慎重に検討してから行動しましょう。

ビジネスアカウントへの切り替え方法

Instagramの通常アカウントからビジネスアカウントへの切り替えは、簡単に行うことができます。スマートフォンのInstagramアプリでの切り替え方法を説明します。

  1. Instagramアプリを開き、画面左下のマイページのタブを開きます。
  2. マイページ画面左上の3段のメニューアイコンをタップします。
  3. 画面一番下の歯車マーク「設定」をタップします。
  4. メニューの中から「プロアカウントに切り替える」をタップします。
  5. 「ビジネスアカウント」と「クリエイターアカウント」を選択できます。「ビジネスアカウント」を選択して「次へ」をタップします。
  6. Facebookページを持っている場合は該当のFacebookページのアカウントを選択し、「次へ」をタップします。
  7. あなたのカテゴリーを選択します。メニューの中から自分のビジネスに一番合ったものを選択します。
  8. 最後に連絡先情報を入力します。すべての項目を埋めたら「完了」をタップ
  9. これでビジネスアカウントの設定が完了です。

まとめ

Instagramはビジネスアカウントを作ることで、ビジネスに便利な機能を利用することができます。

ビジネスアカウントに切り替えることで機能が増えるため、どこから手を付ければいいのかが分からなくなってしまうこともあるかもしれません。

しかし、それも普段からビジネスアカウントでの運用を行っていくことで克服できます。Instagramのビジネスアカウントをぜひ活用しましょう。

おすすめの記事