女性と男性

「自社のホームページから商品が売れない」、「仕事に繋がらない」とお悩みではないでしょか?もしそうだとしたらLPO(ランディングページ最適化)を行うことをおすすめします。

ランディングページに問題がある状態で事業を行うことは穴の空いたバケツに水を組むようなもの。どういった取り組みが必要なのかを解説していきます。

LPO(ランディングページ最適化)とは?

「LPO(Landing Page Optimization)」とは、ランディングページ最適化を意味する言葉です。ランディングページとは縦長の1枚のWeb広告のことですが、このランディングページは「landing=着陸地点」を意味しています。

つまり広告などによって訪問してきたユーザーがこちらの意図する最後アクション(コンバージョン)に着陸するページのことです。ランディングページは、最終成果を決定付ける重要なものなのです。

そしてランディングページを見直し、成果を上げるために改善して最適化することを「LPO」と言います。

LPOの重要性

Webサイトを起点とした事業においてLPOを行うことは重要です。ランディングページは、商品購入や資料請求などのコンバージョンを得るために作るものです。

広告費を掛けてユーザーをランディングページに誘導しても、訪問したユーザーの直帰率や離脱率が高くコンバージョンに至らなければ、広告費をドブに捨てているようなものです。

そのため、ランディングページ内のボトルネックを洗い出し改善を施すLPOが重要視されています。

LPOとSEOの関係

「LPO」はランディングページ内で成果を上げるための取り組みのことですが、「SEO(Search・Engine・Optimization)」は検索エンジン最適化を意味します。

SEOとは検索エンジンの検索結果で上位を獲得することで、検索順位の1位と10位ではサイト訪問数に10倍以上の差があると言われています。SEOはWeb集客に重要な要素です。

また、ランディングページへの送客はリスティング広告を用いることが一般的ですが、広告費が高騰する昨今では、SEOによるランディングページへのアクセス数増加も重要です。

LPOは効果測定が重要

「LPO」はランディングページ内で成果を上げるための取り組みのことですが、「SEO(Search・Engine・Optimization)」は検索エンジン最適化を意味します。

SEOとは検索エンジンの検索結果で上位を獲得することで、検索順位の1位と10位ではサイト訪問数に10倍以上の差があると言われています。SEOはWeb集客に重要な要素です。

また、ランディングページへの送客はリスティング広告を用いることが一般的ですが、広告費が高騰する昨今では、SEOによるランディングページへのアクセス数増加も重要です。

LPOは効果測定が重要

LPOを行う上で見るべきは、ユーザーの流入経路と離脱したポイントです。ユーザーを誘導する経路の中で、どこにボトルネックがあるのかを理解することが重要です。

LPO対策の基本的な流れ

LPO対策の流れを見ていきましょう。手順としては下記のようになります。

  1. データ分析により改善ポイントを洗い出す
  2. 分析したデータを基に仮説を立てる
  3. 改善策の効果を検証する

各手順を詳しく見ていきましょう。次項から解説していきます。

データ分析により改善ポイントを洗い出す

まず、設計した導線のどの部分に問題があるのかを洗い出していきます。一つの方法として「ファネル分析」があります。

ファネル分析とは、入口から出口までの流入数を視覚情報として表したものです。流入経路のボトルネックが改善すれば、ランディングページからフォーム入力ページへの還移率は必ず向上します。

分析したデータを基に仮説を立てる

ファネル分析のデータを基に、仮説を立てていきます。その際に、注意して見るべきポイントは3つに絞られます。

流入の入り口であるリスティング広告~コンバージョンへの導線であるランディングページ~成果を決定づけるコンバージョン部分です。これらのポイントを俯瞰的に観察することが大切です。

仮説を基に施策を行う

仮説を立てたら、それを基に施策を行っていく必要があります。具体的な問題は下記の項目に集約されるケースが多くなります。

これらの問題を改善する方法を考え、実行していきます。

  • リスティング広告の設計がターゲット層に訴求できているか
  • ランディングページの設計がターゲットの期待に応えているか
  • コンバージョンに至るハードルが高すぎないか

改善策の効果を検証する

仮説に対して改善策を行ったら、その効果を検証し、PDCAサイクルを回していくことが求められます。また、ランディングページの改善内容は大きく2つに分けられることを理解しておく必要があります。

2つの改善内容とは「大きな改善」と「小さな改善」です。大きな改善とは訴求内容や構成など運用コンセプトの根幹に関わる内容です。場合によってはランディングページのリニューアルも必要になります。

小さな改善とは、一部分のみなど、ABテストなどによる改善のことを指します。

LPOの具体的な改善方法

LPOの流れを理解できたところで、具体的な改善方法を見ていきましょう。

ファーストビューの改善

ファーストビューとは、ランディングページに訪問してきたユーザーが最初に目にする画面のことです。多くの問題のあるランディングページでは、ファーストビューでの直帰率が高い傾向にあります。

コンバージョン率を上げるには、ファーストビューを見たユーザーの心を一瞬で掴み、続きを読み進めてもらう必要があります。

そのためにはユーザーのニーズを正確に理解し、デザインやキャッチコピーに落としこむ必要があります。

<ファーストビューの重要改善ポイント>

  • メインビジュアル
  • キャッチコピー
  • ボタンエリア

コピーやテキストの改善

コピーやテキスト部分でも気を抜くことはできません。ユーザーの感情の動きに訴求するキャッチコピーや、広告文でなければ効果がありません。

そのためにはターゲットとなるユーザーの悩みや、求めているニーズを満たすことができるベネフィットをよく理解すしなければいけません。

キャッチコピーは基本的にターゲットユーザーが使う言葉、検索窓に打ち込むキーワードを使いましょう。そうすることで心に刺さる広告文になります。

また、見逃しがちなことが、フォントの可読性です。どんなに完璧な広告文でも読まれなければ効果がありません。可読性に注意しましょう。

目線や導線設計の改善

ランディングページは縦にスクロールする広告のため、目線の動きは自然と縦方向になります。縦方向に読み進めてもらう事は、コンバージョン至る途中に気の散る要素が無く効果的なのですが、人間は単調なレイアウトに飽きてしまいます。

コンテンツの幅やカラー、フォントの大きさや種類などを敢えてかえることで飽きさせない工夫の、ランディングページ途中での離脱を防ぐ上で重要なテクニックです。

画像やデザインの改善

画像やデザインを変えることも効果を発揮します。画像やデザインなどのビジュアル部分は、ランディングページのイメージに大きな影響を与えます。デザインクオリティが低いとランディングページに対しての信頼性が低下します。

ランディングページでは余白を空けすぎないことも大切です。余白が空きすぎていると、ユーザーがデザインに飽きて離脱の原因になるからです。

また、製品の使用感がイメージできる画像を使う、写真のカラートーンを統一する、人物のイラストを写真に変える、などの改善の有効です。

CTA(ボタン・入力フォーム)の改善

CTA(コールトゥアクション)とは購入ボタンや入力フォームなどのコンバージョンに直接結びつく部分です。ボタンや入力フォームの改善はコンバージョン率の大きな影響をあたえます。

必ずしも正解とは言えませんが、ボタンカラーは背景とコントラストをつけ、立体的にするなど目立たせた方が、成約率が上がると言われています。

入力フォームは離脱率の高いセクションです。入力に要するユーザーの手間をいかに減らせるかが求められます。

まとめ

Webサイトを起点としたビジネスにおいてLPOの重要性を理解していただけたと思います。

どんなにSEOをがんばっても、どんなに広告費を掛けても、コンバージョンを決定づける受け皿となる、ランディングページに穴が空いていたら成果は上がりません。

LPOを実践し、効率の良い集客を実現していきましょう。

おすすめの記事