【超初心者向け】Google アナリティクスの導入方法

「サイトの売上を上げたい」「サイトのCV数を上げたい」WEBサイト担当者であれば誰もが思うこと。

アクセス解析は、そんな思いに応えるための手段であり、もはやWEB担当者であれば絶対に行わなければいけないものです。

しかしアクセス解析を行う初心者は「まず一体何を見たらいいか」「どこでどの数字が見れるのか」など、右も左も分らない状態に陥ってしまうと思います。

そこで今回は実際にWEBサイトの売上改善を行うプロが1からアクセス解析に関する記事を連載、徹底解説していきます。

この連載を通して学べることは、ずばり「売上・CV数を上げるためのGoogle Analyticsの使い方」。

Google Analyticsを導入し「アクセス解析」をマスターすることで、WEBサイトの売上・CV数アップを実現させましょう!それでは早速本題に移っていきます。

Googleアナリティクスとは?

Google Analytics

Googleアナリティクスとは、Googleが無料で提供するアクセス解析ツール(※1)です。

アクセス解析ツール自体はいくつかありますが、無料の中で最高性能をもつ解析ツールがこのGoogleアナリティクス。上場企業の約83%がアクセス解析ツールにGoogleアナリティクスを使用しています。

具体的に、Googleアナリティクスで何が解析できるかというと、

  1. サイトの訪問者数
  2. ユーザーの属性(男女比や年齢層)
  3. ユーザーが離脱したページ

といった、サイトのアクセスに関するさまざまなデータについて解析することができます。

また、これらのデータを組み合わせることで「全体の訪問者数のうち、新規ユーザー・リピーターはどれくらいいるのか」「ユーザーがどこからきて、サイト訪問後にどのような行動をとっているのか」などの非常に詳細な情報も分かるようになるのです。

見えた数字から、自分のサイトにおける課題点をしっかり把握していきましょう。

※1:有料版もありますが、無料版で十分。有料版についての解説は改めて記載します

  数字は宝の宝の山。数的論拠のある課題を発見して、サイトの改善に繋げよう!

Googleカウントの作成方法

Googleアナリティクスを導入するためにまず「Googleアカウント」が必要になります。

Googleアカウント自体も無料で作成ができます。アカウントをお持ちでない方はまずはGoogleアカウントを作成しましょう。

※Googleアカウントをお持ちの方は省略して構いません

Googleアカウント作成手順

Googleアカウントの作成
まずはGoogleアカウント作成ページにアクセス。作成画面を開きましょう。

そこで必要な情報の入力をします。アカウントの準備ができたらいよいよ導入!

Googleアナリティクスの導入3ステップ


では今回の本題であるGoogleアナリティクスの導入していきましょう。

STEP1.Googleアナリティクスにアクセス


まずはGoogleアナリティクスへアクセスしましょう。

【お申込み】を押します。

STEP2.Googleアナリティクスアカウント作成

【お申込み】を押したら、「新しいアカウント」の設定を行います。

項目番号 概要説明
①アカウント名 管理しやすい名前(サービス名や会社名など)を付ける。
②ウェブサイト名 解析したいウェブ債の名前を記入。
③ウェブサイトのURL 「http://」または「https://」を選択。アナリティクスを導入するウェブサイトの名前を記入。URL末尾のスラッシュは不要。
④業種 サイトのタイプに最も近いものを選択。
⑤レポートのタイムゾーン 日本語を選択。
⑥データ共有設定 チェックの有無はアクセス解析に直接影響はないので初期状態でOK。

入力を終えたら【トラッキングIDを取得】を押しましょう。

アナリティクスの利用規約画面が表示されたら【日本】を選択。【同意】を押します。

STEP3.トラッキングID&トラッキングコードの発行と設置

トラッキングID&トラッキングコードの発行

利用規約に同意したら、設定画面を開いて「トラッキングコード」と「トラッキングID」を取得します。


※トラッキングコードとトラッキングIDの表示場所

以上がアクセス解析の準備段階。次は設置を行います。

トラッキングID&トラッキングコードの設置

取得したトラッキングコードをコピーしましょう。

解析したいWEBサイトに「正しく」設置することでアクセス解析が可能となります。

  アクセス解析のデータを得るにはトラッキングコードを解析したいサイト全てに設置する必要がある。

設置場所

先程コピーしたトラッキングコードを、解析したいサイトのヘッダー部分「</head>タグの直前」に貼り付けます。

今回はhtmlとWordpressの設置場所を説明します。

  トラッキングコードの設置場所は超重要。貼り付け場所を間違えないように!
HTMLの場合

WordPressの場合

【外観】→【テーマの編集】→【テーマヘッダー】をクリックし、ヘッダーを出します。

タグの直上に先程コピーしたトラッキングコードを貼り付けましょう。

トラッキングコードの確認方法

トラッキングコードをコピーし忘れた場合でも、Googleアナリティクスのにログイン画面左側、

【アナリティクス設定】→【トラッキング情報】→【トラッキングコード】をクリックすれば、いつでも確認できます。

トラッキングコード・トラッキングIDって?

トラッキングコード:サイトに設置する、数字の集計を行うためのコード。

トラッキング(tracking)とは、「追跡、追尾、跡をたどる」の意。つまり、サイトを訪問したユーザーを追跡するために使用するコードのこと。

このコードが読み込まれることによって数字が集計されていくので、トラッキングコードが設置されていないページはカウントされません。

トラッキングID:ユーザーを追跡するためのID。「UA-000000-2」のような文字列を指す。

トラッキングIDを確実に入力することで、ユーザーがサイト上のどこにいるかを把握することができ、正確なアクセス解析データを取得することが可能になる。

まとめ

以上が導入までの道のりです。スムーズに導入できましたか?

トラッキングコードについては少々厄介ですが、アクセス解析を行う上で避けては通れません。

次回はいよいよ「解析実践編」。徹底的にレクチャーします!

おすすめの記事