SEO

インターネットのサイトを多くの人に見てもらうのであれば、検索エンジンからの流入は欠かせません。現在はGoogleの検索エンジンが主流です。そのため、Googleの検索エンジンで目的のキーワードで検索したときに自分のサイトがより上位に表示されるように対策する必要がありますが、何から始めればよいかわからないWeb担当者も少なくありません。ここでは、まず上位表示を目指すときに重要となってくるSEOについて解説します。

SEO対策とは


出典:引用元:https://www.gyro-n.com/seo/hack/seo-point/

SEO対策とは、「Serrch Engine Optimization」の略であり、日本語では検索エンジン最適化と言う意味が込められています。SEO対策は、簡単に言えば以下のような意味を含んでいるのが特徴です。

  • ウェブサイトをGoogleの検索などで上位表示をさせること
  • Search Engine Optimizationの略
  • Googleの検索アルゴリズムなどをよく理解し、あるキーワードで上位表示させてアクセスを増やすということ

SEO対策を行うことは、それは自分のサイトの上位表示を目指すということです。まずは、検索エンジンのアルゴリズムを理解して、どのようなサイトを作れば上位に表示されるようになるかを理解しないとなりません。

SEO対策のメリット

SEO対策のメリットというと、なんと言っても検索エンジンでの上位表示が可能となり、サイトへのアクセスが見込めることです。そのほかにも、以下のようなメリットがあります。

  • 購買欲ユーザーの集客増加とアクセス数の増加
  • 一般の広告よりも費用を安く済ませることができる
  • 中長期的に流入を見込める
  • ブランディング効果

広告を使わず済むので、費用をかけずにアクセスを増大させることが可能です。また、自分のサイトの価値を高めるので、サイトは自分にとっての資産ともなりえるでしょう。検索エンジンからのアクセスが増え、サイトが有名になれば検索エンジン以外からのアクセスも見込めます。

SEO対策のデメリット

SEO対策はサイトへのアクセス増大には欠かせないものです。メリットがある一方で、デメリットもいくつか存在します。

成果までに時間がかかる

SEO対策は一朝一夕で行えるものではなく、長い日数を要するのが特徴です。短くても数週間から1ヶ月程度、競合サイトのひしめくキーワードでの対策となると、数年かけて行うケースも珍しくはないでしょう。

優良顧客のみが集まるわけではない

SEO対策をしても、必ずアクセス増大になるとは限らず、対策の効果が出ないということもあります。検索するユーザーが、自分のサイトにアクセスすることもあるので、目的のユーザーや優良顧客のみがサイトに訪れてくれるとも限らないからです。

今後求められるSEO対策

検索エンジンが誕生したときから、SEO対策は存在していました。昔は検索エンジンのアルゴリズムは単純であったため、対策は表面上のことだけ行っても、十分に上位表示ができ、アクセス増大できていたのです。しかし、今やアルゴリズムは毎年アップデートされており、それにともない求められるSEO対策もどんどん複雑化してきています。表面上や機械的な対策では、ほとんど効果を発揮しません。そこで、今後求められていくSEO対策についてご説明します。

ユーザーの検索意図を把握する

検索エンジンを使うユーザーは、特定のキーワードで検索し、目的のサイトを見つけて情報を得ます。パソコンを買いたいならパソコン販売サイト、ダイエットしたいならダイエット情報サイトなどのように探しているのです。このために検索エンジンは、ユーザーの検索意図に沿ったサイトを上位表示する傾向にあります。
検索エンジンに自社サイトのキーワードを把握させようと、不自然にキーワードを配置したサイト、キーワードを不自然に入れたタイトルのサイトでは検索エンジンは好みません。キーワードを基に、ユーザーが何を求めてサイトを見るか考え、それに沿ったサイト作りが重要です。

ユーザーの検索課題を解決する

検索エンジンを使ってサイトにアクセスするユーザーは、情報を調べるためにサイトを見るでしょう。何か悩みがあって解決できるサイトを探している、自分の欲しい物を買えるサイトを探すなどしています。検索するキーワードによって、ユーザーはどんな課題を持っており、サイトを探しているのかを考えるようにしましょう。
そして、その課題を解決し、ユーザーに見つけられるサイトを作成するようにします。最近の検索エンジンでは、ユーザーの課題に沿った情報が多いサイトほど、上位表示する傾向にあるのが特徴です。

テキストだけではなく適切なフォーマットを用いる

サイトのテーマによってはテキストのみで作成するよりも、適宜画像や動画を入れた方がアクセスユーザーは内容を理解しやすいでしょう。例えば、トレーニングのサイトなら運動の仕方の動画、製品販売サイトなら、製品画像です。動画だとYouTubeから引用することが多いようです。細かく文章で説明するよりも、画像で説明した方が、わかりやすい情報もあります。作成する内容によって、画像や動画が必要ならサイトに入れていきましょう。わかりやすいサイトにすると、Googleからの評価が上がりやすいです。

ナチュラルリンクを獲得する

Googleは、そのサイトがどれだけ外部リンクがあるかを評価のひとつとしています。外部リンクは被リンクであり、被リンクが多いほど評価され、上位表示されやすいのが特徴です。ただし、外部リンクであってもナチュラルリンクである必要があり、自演やプログラムによる無理な被リンクは評価を下げてしまいます。

このようなことから、自分でブログを量産して、目的のサイトへのリンクを張るようなやり方は検索エンジンでの表示順位を下げてしまうでしょう。そのサイトが有名になることで、アクセスが増え、サイトに興味を持つ人が増えていき、少しずつ被リンクが増える形が理想となります。

理解しておくべき検索エンジンの仕組み

SEO対策を行うなら、検索エンジンの仕組みを理解することは欠かせません。仕組みを知らずにサイトを作成し、対策を行っても、それはまったく無意味なものになってしまう可能性も。基本的なこととしては、まずは検索結果のページには、どのような構成でサイトのリンクが表示されるか把握しておきましょう。
検索結果のページには、Googleは順位付けして表示するサイトと広告として表示するサイトがあります。広告を使わないのであれば、順位付けによって表示されるサイトでの上位表示を目指すようにしましょう。そこで、重要となるポイントをご紹介します。

自然検索の表示枠

Googleで目的のキーワードで検索すると、検索結果のページには、自然検索の表示枠と広告の表示枠にサイトを表示します。例えば、ウォーターサーバーで検索すると、以下のような1ページ目となり、赤枠で囲った部分が自然検索の表示部分です。
Google検索結果画面
お金を使わず、自然検索の表示枠に自分のサイトを上位表示させたいのであれば、この枠の中での表示となり、検索結果で1位となれば、枠の一番上のサイトのように表示されます。競合サイトの多いキーワードほど、上位表示は難しいでしょう。例を挙げると、カードローンやFX、ウォーターサーバーなどが該当します。

広告の表示枠

Googleで検索すると、以下のような青枠の中で、広告枠としてサイトを表示させることも可能です。
Google検索結果画面2
Googleは広告が重要な収益源となっているので、何かのキーワードで検索すると、自然検索の結果以外にも、広告用のサイトも表示されます。検索ページの表示される広告は、リスティング広告と言い、この広告はgoogleでアカウント開設すれば誰でも出稿可能です。広告の表示枠はサイトの評価に関わらず、お金を払ってキーワード設定をおこなえば表示されます。自然検索の表示枠には、広告枠のサイトは表示されません。1ページ目は自社サイトを表示しやすいですが、お金がかかります。

Webページ以外のコンテンツ

Google検索結果画面3
Googleには、ユニバーサル検索やバーティカル検索もあり、検索エンジンの新しい試みとして行われています。

  • ユニバーサル検索というのは様々なコンテンツが表示される検索のこと
  • バーティカル検索は検索エンジンにおいて特定の分野やコンテンツに限定して検索すること

ウェブページのサイト以外も検索結果に表示するのが、ユニバーサル検索の特徴です。画像や動画、商品、ニュース、地図、地域情報、ブログ、学術論文なども表示されます。例えば、東京駅と検索すれば、検索結果のページのバーティカル検索では、検索エンジンを利用するユーザーがより目的を素早く検索できるでしょう。

Googleであれば、左上のメニューに画像やニュースなどのリンクがあります。例を挙げると、アイドルの画像を検索するなら、画像検索を使えば、わざわざアイドルの画像紹介ページを見なくても、画像が一覧で表示されるということです。

検索エンジンのアルゴリズム

アルゴリズムは問題を解決するための手段であり、検索エンジンのアルゴリズムもあります。これはウェブサイトを評価する一定の手続きや基準です。このアルゴリズムを理解し、サイト作成をおこなうと、検索結果での上位表示が可能となり、多くのアクセスが見込めるでしょう。
Googleのアルゴリズムは日々改善されています。ブラックハットSEOといわれる、アルゴリズムを悪用するようなSEO対策は、サイトの評価を下げて、検索結果での順位を落としていくことも。正しくSEO対策をおこなうことがリスクも少なく、長期間にわたってのアクセスアップを見込めます。

まとめ

お金を使わずに、また、広告に頼らずウェブサイトへのアクセスを増やすなら、SEO対策は欠かせないでしょう。Googleのサイト評価基準は200以上あると言われているので、SEO対策といっても、いくつもおこなうべきことがあります。さらに時間をかけておこなわなければなりません。また、小手先だけの技術でのSEO対策は、あまり効果を発揮しないということを理解した上でSEO対策をおこないましょう。

おすすめの記事